Nipron Nipron login Nipron Globalpage
Home購入先スイッチング電源に関するサポート窓口スイッチング電源メーカーニプロン採用情報スイッチング電源メーカーニプロン 企業情報
空白
製品情報

ノンストップ電源がお客様のシステムを停電から護ります!

ニプロンオリジナルの停電バックアップ回路を電源に内蔵し、バッテリパックを接続することで、停電、瞬停、電圧低下などの入力障害が発生しても、出力に異常・変化をもたらさず安定した電力の供給が可能です。


※動画上の説明のため、モニタ画面を表示させております。
実際の停電バックアップ時には、ノンストップ電源が接続されているPCのみバックアップ運転へ移行するためモニタ画面は表示されません。
停電バックアップ時にモニタ画面を表示する必要がある場合、ノンストップ電源からモニタに電力を供給させる必要があります。

無瞬断給電
ノンストップ電源は、停電時にバッテリ運転への切替時間が発生しない、AC側・バッテリ側、各インバータの電圧比較による自動移行を行い、高信頼の無瞬断給電を実現しています。
以下に代表的なノンストップ電源の原理図を示します。

ノンストップ電源 ブロック図

水の流れに例えると
ノンストップ電源は下図で示すように、水の流れにたとえると、AC入力の常用タンク、バッテリ入力の非常用タンクがあり、常に圧力の高いタンクから水が供給されることにより、二次側は常に一定の水位に保たれるという原理となります。


ノンストップ電源とUPSの違い
停電対策としてUPS(無停電電源装置)が広く知られていますが、当社のノンストップ電源では無瞬断給電が可能、更に高い信頼性を誇ります。では、当社のノンストップ電源とUPSとはどこが違うのか?ここではノンストップ電源とUPSの違いについて説明します。

違い 省スペース化
ノンストップ電源ではバックアップ用バッテリパックを、PC(筐体内)に内蔵(5インチベイや3.5インチベイ)することができるため、UPSのように外置きにする必要がなく、省スペース化が実現できます。

ノンストップ電源 内蔵イメージ

違い 高効率、省エネルギー
通常運転時、常時インバータ方式のUPSでは、UPS内で2回の電力変換が行われ、さらにUPSに接続されたPC電源内で1回電力変換されるため、トータルで3回の電力変換が行われます。また停電時にはトータル2回の電力変換が行われます。それに対しノンストップ電源では、通常時でも停電時でも電力変換回数は1回で行うことができ、UPSと比較し省エネルギーを実現します。

UPS対ノンストップ電源 変換回数比較

通常運転時、UPSでは、UPS内で2回の電力変換が行われ、さらにUPSに接続されたPC電源内で1回電力変換されるため、トータルで3回の電力変換が行われます。また停電時にはトータル2回の電力変換が行われます。それに対しノンストップ電源では、通常時でも停電時でも電力変換回数は1回で行うことができ、効率を落とすことなく、停電対策を行うことができ、UPSと比較し省エネルギーを実現します。
また、UPSとPC電源は直列的に接続されるため、例えばUPSとPC電源の間のACコードが誤って抜けた場合、システムは電力供給が途絶え最も危険な異常終了となってしまいます。
それに比べノンストップ電源では、並列的な回路であり、バッテリもシステム内部に内蔵できるため、このようなことは起きず、信頼性の面からもUPSより優れていると言えます。

電力変換回数の違いが、実際にどのくらいの差になるのか比較します。
UPSの効率を85%、PC電源、ノンストップ電源の効率を85%と仮定します。このときUPSを接続したシステムのトータル効率は約72%(0.85×0.85)となり、ノンストップ電源とは約11%の差となります。

UPS対ノンストップ電源 ランニングコスト比較

違い コストの違い
UPSを導入した場合と、ノンストップ電源を導入した場合のコストについて比較します。

UPS対ノンストップ電源 導入コスト比較

上記の内容で比較すると、ノンストップ電源の方がUPS導入に比べ7万円以上のコストを抑えることができています。
(なお、本比較は定価ベースの比較であり実売価格での比較ではありません。また、UPSの価格はメーカ等により異なりますので、本比較は1つの目安としてご参考ください。)

出力波形による不安定動作問題を解消
安価なUPSには矩形波出力が多く、PFC搭載電源を接続すると音鳴りや安定動作できないなどの恐れがあり、また入力電圧の波形歪でUPSが停電と誤認識し、バッテリ運転へ切替え、PCをシャットダウンしてしまうといった事例も発生しています。ノンストップ電源では、オリジナルの停電バックアップ回路によりそれらの問題を一切解消いたします。

自動シャットダウン可能
自動シャットダウンソフト「NSP Pro 2 CD Media」を使用することで、ノンストップ電源と連携し、不意の停電・電圧変動といった電源障害から大切なデータ、システムを保護することができます。
ノンストップ電源からRS-232C(*)経由でシリアルポート(COMポート)に入ってくる電源状態情報信号を監視し、停電確認タイマーにより、短時間の停電に対しては無停止のシステム動作を提供します。そして、長時間の停電に対しては自動シャットダウン機能によりWindowsを自動でシャットダウンさせシステムを安全に終了することができます。 (*)USBでの通信が可能な機種もあります。
(Windows2000/XPはOS標準のUPSサービスを使用することも可能ですが、細かな時間設定等はできません)

自動シャットダウンソフトウェア

お問合せ窓口

上記製品についてのお問合せは下記までご連絡お願いいたします。
株式会社ニプロン 営業戦略室
TEL:06-6487-0611 support@nipron.co.jp